• ホーム
  • 腰痛・片頭痛はセレコックスで緩和

腰痛・片頭痛はセレコックスで緩和

患者と話している男性

セレコックスはNSAIDsとも称される非ステロイド性抗炎症薬というタイプの消炎鎮痛薬です。
有効成分セレコキシブの働きで痛みや腫れの元となる物質の生成を抑え、優れた効果を発揮します。
セレコックスは胃粘膜への影響が少ないため、強い効き目の痛み止めで生じやすい胃が荒れるといった副作用が出にくいことから、突然の腰痛や片頭痛など痛みが頻繁に出やすい人にも向く、比較的新しいタイプの痛み止めです。

セレコックスをはじめ非ステロイド性抗炎症薬は体内で炎症や腫れを引き起こすプロスタグランジンという物質が生成されるのを抑制する作用で消炎鎮痛効果をもたらします。
薬効によってプロスタグランジンを生成する酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害して痛みの元が増えるのを抑えます。
しかし、その過程で胃粘膜保護作用を低下させて胃痛を引き起こすという副作用の原因も、同時に生じさせてしまいます。

シクロオキシゲナーゼはCOXとも表記されますが大きく分けてCOX-1とCOX-2があり腫れや痛みに関わるほうがCOX-2で、COX-1のほうは胃粘膜に大事な粘液分泌や胃酸を抑える働きを担っています。
非ステロイド性抗炎症薬はCOX-2と共にCOX-1の働きも阻害してしまうため胃粘膜保護機能まで低下させてしまい、胃が荒れて痛みや不快感が生じます。
そのデメリットを解消する非ステロイド性抗炎症薬として登場したのがセレコックスです。

セレコックスの有効成分セレコキシブが阻害するのは痛みや腫れの原因となるCOX-2のほうだけで、胃粘膜保護に大切なCOX-1の働きには影響を及ぼしにくい作用で消炎鎮痛効果を実現しています。
胃粘膜保護作用を阻害することなく痛みや腫れを緩和するセレコックスは、胃腸が弱い人も安心して服用できる痛み止めとして人気があります。
1日2回の服用で24時間効果が持続する効き目の長さから夜中に痛みで目を覚ましやすい人にも大いに役立っている薬です。

セレコックスで病気の原因を治すことはできない

セレコックスは有効成分セレコキシブが炎症や痛みの原因物質プロスタグランジンが生成されるのを抑えて効果的な鎮痛消炎効果をもたらします。
胃が痛む副作用が起こりにくいため腰痛や片頭痛といった慢性的な痛みを抱えている人も安心して服用できる痛み止めです。
非常に優れた効能を持つセレコックスですが、多くの痛み止め同様に炎症や痛みを抑える対症療法の薬ということで、症状を引き起こしている病気そのものは治せない薬です。

セレコックスが緩和するのはあくまでも患部の炎症を引き起こす原因となった病気による症状そのものということです。
腫れや痛みを緩和させつつも病気は治せないため原因にアプローチして根治治療を行う場合は、別の薬や治療法に頼る必要があります。
他の多くの痛み止め同様にセレコックスを飲み続けて痛みだけを緩和させて安心してしまうと原因になっている病気の治療が遅れることもあるため、痛みが続いている場合は病院へ行くことが大切です。

胃が痛くなりにくい消炎鎮痛薬として開発されたセレコックスであっても、胃腸への副作用が全く起こらないという訳ではないため、胃粘膜保護作用を持つ胃薬が共に処方され併用する必要があります。
長期間服用を続ける際は医師の指導の下に行うことも大切で、治療法がある病気の場合は炎症や痛みの緩和だけでなく原因となっている病気の治癒も目指すことが大事です。

胃が痛みにくいセレコックスは、病気を治すために必要な体力を得るために重要となる栄養補給も効率良く続けて行く助けにもなります。
効き目の持続時間が長いため夕食後に飲んだセレコックスが朝まで効いて質の良い睡眠も多めにとれるようになっています。
対症療法の薬としてのメリットを最大限に生かして病気療養に役立てられる鎮痛消炎薬です。

アーカイブ
サイト内検索